2009年6月25日 (木)

お引越のお知らせ!

お知らせです!

“もふもふパラダイス”がお引越しました!(もちろん、“猫パンチTV”内で!)

あたらしいページは:こちら (“こちら”をクリックしてください)
 

Dsc_9381

 

 


















今後の新しい記事は引越先に掲載されます。

Dsc_0151

 

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

もふパラ一同+ユカリ

 

 

 


 

 

| コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月23日 (火)

魚眼レンズ風写真

3652411716_a4bd05842a


何か用でち

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

証言集:昨日は・・・ アップ待ち!

ねえ、記事のアップはまだ〜でちDsc_0075_2

待つの苦手〜

Dsc_0079

ワクテカ気分何だけど・・・

140400793516_2


・・・ じっと待ってなさいってば〜

・・・っていうかケル吉や、外付けHDこすってもアップされるわけではないし・・・
(目もイッチャっているよ!)



楽しみだね!!!!


| コメント (6) | トラックバック (0)

証言集:昨日は・・・ 

証言その一:byドン

Dsc_0044 昨日は、お盆と、暮れと、正月がいっぺんにやってきたような午後だった・・・

証言その二:byケル吉

Dsc_9146_2 にゃんこハウスはお祭り騒ぎ! 猫に生まれて良かった!

証言その三:byラファ

Dsc_9075 ハイパーなニンズは好きですか? もちろん大好き!

証言その四:byアン

Dsc_0798 娘時代に戻った気分だった・・・おかげで、今日は筋肉痛

証言その五:byエミリー

Dsc_8872 猫は人とは遊ばないが私のモットー! 名誉ある孤立派よ、ワタシは!

証言その六:byルーク

Dsc_0038_2 今日は何もないの?

番外:byグロリア

『くやし〜い』

R0010992 カゼをひいたせいで、オコモリさんさせられていた!

ところで、この証言の意味する所は?

詳しくは“突撃!こなみ様”と“猫子のにくきゅうNEWS575”を待て!


| コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

座り心地

Dsc_0005_2 座り心地にはこだわりません!


Dsc_0007 これも、修行の賜物というか、修練のなせる技。



Dsc_0012 “腿の上にも三年”

と言っても、歳は2歳3ヶ月。

ケル吉、諺を使いたい今日この頃・・・



Dsc_0010 大人な気分にちょっと酔いしれるケル吉君

猫は決して地べたには直接座らないプライドの高い生き物。 ゆえに座り心地よりも、敷物の数を尊ぶ

今日のケル吉の場合:家の中→床→ベッド→シーツ→太腿(人間の)の5層構造。

あっぱれ!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

ボクの肉球日記

こんにちは、ケルです。

今日(6月12日午後)は久しぶりに天気が良いので、肉球のお手入れに勤しんでいます。

先日キャットショーに参加するのに、シャンプーされて・・・
でもおかげで自慢のピンクの肉球もプヨプヨ、つるつる。
Dsc_9683_7
せっかく綺麗になったからには、これを維持することが大事かと・・・
(大声では言いませんが、わが家の誰かのその場シノギのお掃除とは違います!)
Dsc_9685_2
継続は、力なり!

お手入れは少しくすぐったいけど、これはガマン!

Dsc_9686_3

こつは、指をしっかり開くこと!

Dsc_9689_3 そうそう、お手入れをする前に周囲に誰も居ないかどうかのチェックを忘れずに。 急いで逃げるには、不利な体勢ですからね。

運が良いと、おいしい味がするかも・・・

今日の肉球の味は“ササミ味”。 どこかで、ササミのかけらを踏んだようです(ウマ〜)。

Dsc_9692_4

満足するまで綺麗にしたら、眠くなりました・・・

おやすみなさい・・・zzzzz

| コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

赤トラのおじしゃま

ケル吉さん、“因果は巡る”の諺通り(?)、三度キャットーショーに参加させられてしまいました。

“因果応報”と言っても、何も悪いことをしたわけではないのに・・・

おまけに、2日間連続のショー。
家庭猫部門に参加してきました。

この家庭猫部門、いつも参加猫が少ないのですが、今回は2匹だけ。
お相手は、なんと15歳2ヶ月のおじしゃま。

ただし、こちらのおじしゃまは、赤トラさん。

Dsc_0546_3 お肉が程よくついたしゃきんとした体と、立派な毛がいっぱいの物静かな方。

Dsc_0462 2歳2ヶ月になったケル吉さんも、おじしゃまの前では、まだまだ洟垂れ!

体格はどちらも同じ感じ。

以前参加した時には、おっかなびっくりだったケル吉さんも3回目となると、馴れて来たようで。

Dsc_0436

おじしゃまも、ケル吉も2日間で12回の審査を受け、ロゼッタ(入賞のリボン)を12本全部頂戴しました。

審査ごとにロゼッタの色が違うので、2匹とも12色ものはなやかなロゼッタをいただきました。

Dsc_0164_2 ケル吉も「赤トラのおじしゃまや、モジおじしゃまのように、“ご長寿万歳”と言われるような素敵な猫生を送ってくれれば」としみじみ。

そうそう、この素敵なおじしゃまの名前は“金太郎”。 名前も素敵な猫さん。

こんなにしっかりしているのに、若い頃大病を患ったとのこと。

命の長さはそれぞれに違うのでしょうが、だからこそ一緒に居られる時間を大切にしたい。

猫にも人間にも一緒に居ることが幸せなものであることが、いかに大事か考えさせられました・・・

こんな素敵な出会いがうれしい、2日間。 また金太郎おじしゃまに会える機会があるといいな・・・

| コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

耳付き

これ・・・

耳付けてみました。
Dsc_0117


ただ、重ねて撮っただけ・・・

Dsc_0793すみません。
記事のアップ追いつきませんで・・・

お茶濁し



| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

もふもふの作り方

前回の“ラファふくらむ”にコメントをいただいたので、わが家でのもふもふ法を書きます。

写真はお引越をしたジャスミンとラヘルの兄のアルフォンスです。

首まわりの毛(ラフ)がもしゃもしゃと束になってしまっています。
背中の毛もペタっとしていて、彼特有の模様がはっきりしていません。

Dsc_8704

まず、用意するものは:

  • Goop(グープ)
  • ディープクレンジング・シャンプー
  • トリートメント・シャンプー#12
  • ドライヤー
  • スリッカー櫛(むだ毛取り)

※リンスは使用しません

長毛さんは脂っ気を抜くことが特に大事なため、以下の手順で行っています。

1. 毛が乾いた状態で、グープを擦り込む
   (元々、Goopは機械油汚れ用のクリーナーとしてアメリカでは定番商品となっているとのことです)

  • 毛の表面だけではなく、毛の根元にまで付けて洗うこと。
  • しっかり毛に馴染ませたらお湯で流す。
  • 流して毛が“キシキシ”した感じになったら脂っ気が抜けた証拠です。(特に尻尾の付け根と耳の後ろにはたっぷりと付けて洗うこと)

注:この時、毛をワシャワシャかき混ぜるように行うと、毛が絡まって乾かす時にほどけなくな
  るので要注意です。 一度ワシャワシャやって毛を切る羽目になりました。

二ヶ月以上洗っていなかったら、上記をもう一回行っています。 
つまりグープを一回洗い流してから、水分を絞ってから状態もう一回グープを付けて洗います。

2. 次にディープクレンジング・シャンプー

  • 毛の表面だけではなく、毛の根元にまで付けて洗うこと。
  • しっかり毛に馴染ませたらお湯で流す。
  • 流して毛が“キシキシ”した感じになったら脂っ気が抜けた証拠です。(特に尻尾の付け根と耳の後ろにはたっぷりと付けて洗うこと)

これも、前回のシャンプーから間が長いこと開いている場合には二度行います。
シャンプーを流す時にはしっかりと流すこと。(人間と一緒ですね)

3. トリートメント・シャンプー

1.や2.と同様です。 泡立ちが悪い場合には、2.に戻ります。

その他:

ショーに出す場合には、更にテクスチャライジング・シャンプーという毛をフワフワにするシャンプーを希釈して使います。
が、これは普段は使いません。 使わなくても、2.〜3.の作業で十分にフワフワになります。
1.のグープもショーに出さない場合は必須ではありません。 

4. シャンプーが完了したら、タオルで十分に水分を取ること。

  • 次のステップのドライヤー作業が楽になります。

5. ドライヤー

  • 乾かす部位に順序はありません。 猫がさせてくれる場所から適宜行って行きます。人間が場所を指定すると往々にして猫の気持ちを無視することになるので、猫のペースに合わせています。
  • 乾かすのは基本櫛(1本で十分)で行います。 根元から立ち上げるように毛を櫛ですくってしっかり乾かす! これの繰り返しです。 ただし、尻尾に限ってはスリッカーで逆毛を立てながら乾かしていきます。
  • ウチでは台の上に乗せて乾かしていますが、作業が長時間(1時間以上)に及ぶので、逃亡を図られないように洗面所を閉め切って行っています。 そ うすると当たり前ですが、手のひらなどに凄い汗(人間が)をかくので、汗が着かないように猫を触る際にはタオルを使用しています。 それから、作業が終る までは台の上からは降ろさないこと。 これは猫には申し訳無いのですが、生乾きの状態で降りて逃げてしまうと、毛が絡んで悲惨なことになってしまいます。  台から降りそうになったら怒らずひたすら逃がさないこと。 

以上、書いたらやたら長くなってしまいましたが、作業的には凄く単純なものです。
猫の毛質にもよると思いますが、アルフォンスの姉妹は洗うとつやつやになる毛質です。

ちなみに、わが家のシャンプーはラ・ファンシーズ(シャンプーは#12)というところの製品ですが、何を使ってもそんなに大差ないかと・・・

ポイントは脂をしっかり落とすことと、根元までしっかり乾かすことにあるようです。
縞模様がある場合は、乾かすと浮き立つように模様がはっきりするので、それがもふもふ度を計る指標になっています。 (単色の場合指標がないので辛いところです)

もふもふになると、フーッと息を吹きかけると毛がサーッと別れます(これ意外と感動します)

Dsc_7292 もふもふになったアルフォンス






長々と書いてしまいましたが、お役に立てれば幸です   


   

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

ラファふくらむ

さて、前々回で“しぼんだフクロウ”状態になったラファさん。

元通りになるまでをムービーにまとめましたのでアップ。

内容的には延々ドライヤーをかけ続けるもの。

一時間かけて、ナダメスカシながら・・・
猫vsニンズの手に汗をかくだけかいただけのムービー。

 音あります(ゴーゴー音。 ラファの声もちょこっと聞こえます)

そのかいあって、天使の輪が見えるまでに復活。

Dsc_0112_2

びかびかになりました。

Dsc_0110_2

本人も満更ではない様子。

 

Dsc_0114_2一部始終を目撃し続けていたケル吉と、ルーク王子以外は、みんなラファを取り囲んでクンクン。

 一時のモテ男タイムを楽しんでいたようで・・・

ラファが綺麗になった分、脱衣所はぐちゃぐちゃ。

ああ〜、片付け役はまたもシンデレラ状態の私に・・・

これがロン毛と暮らす醍醐味かも・・・

 

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

«急いで! 3つ!